FreeFrame

freeframeプラグイン for AviSynth

freeframeプラグインは、FreeFrameのフィルタを利用可能にするフィルタプラグインです。

入手先は、映像効果のページを参照。

FreeFrameとは?

:::FreeFrame Open Realtime Video Effects:::

FreeFrame is the open-source cross-platform real-time video effects plugin system designed for use in VJing applications(FreeFrameは、VJアプリケーション向けの、オープンソースで、クロスプラットフォームな、リアルタイム・ビデオエフェクトプラグインシステムです。)

FreeFrame用プラグイン

AviSynthのfreeframeプラグインは、FreeFrame向けに開発された種々のプラグインを利用することが可能です。

FreeFrameのプラグインは、:::FreeFrame Open Realtime Video Effects:::からダウンロードできるほか、SourceForge.net: Project Info - FreeFrame Open Video Plugin Systemからダウンロードできるパッケージにも含まれている。

書式

Freeframe(clip, string dllname, bool showgui[, lots of varying optional arguments])

引数

  • dllname: FreeFrameプラグインのパス
  • showgui: true/GUIを使用する, false/使用しない。
  • その他の引数: 使用するFreeFrameプラグインによって異なる。
    • その他の引数が分からない場合は、showgui=trueとして、GUI画面で調節するとよい。

GUI

freeframeプラグインでは、GUIを使って、パラメータの調整を行うことが可能です。

GUIを利用するためには、同梱されているfreeframeconf.dllを、パスの通ったディレクトリ(例: "C:\WINDOWS\System32\"など)かAviSynthプラグインのオートローディング用ディレクトリに置き*1、showguiパラメータをtrueに指定する必要があります(使用例を参照)。

なお、freeframeconf.dllはAviSynth用のプラグインではないため、LoadPluginフィルタで読み込むことは出来ません。

GUI画面

freeframe_gui_of_petespiralblur.png

  • GUI画面の下部にスクリプトが表示される。スライドバーを動かすと、スクリプトも変化する。ただし、プレビュー画面はリアルタイムに切り替わらない。

使用例

  • ソースクリップのスクリーンショット
    freeframe_source_clip.png
  • スクリプト(その1)
    freeframe("C:\FreeFrame\plugins\petespiralblur.dll",true,0,0) # GUIを有効
    
  • スクリプト(その1)のスクリーンショット
    freeframe_petespiralblur_true_0_0.png
  • スクリプト(その2)
    # オプションの引数は、bool、stringかfloat(0-1まで)
    freeframe("C:\FreeFrame\plugins\petespiralblur.dll",true,0.25,0) # GUIを有効
    
  • スクリプト(その2)のスクリーンショット
    freeframe_petespiralblur_true_025_0.png

*1 v1.1には、プラグインのオートローディング用ディレクトリにfreeframeconf.dllを置いてGUIを使用すると、VirtualDubなどのアプリケーションが強制終了する不具合がありました。この問題は、v1.2で修正されています。

最終更新日時: 2014-03-11 (火) 03:48:02 (2308d)