AviSynth Script エクスポート

AviSynth Script エクスポートとは?

AviUtl上で行った編集情報などをAviSynthで利用可能な形式でエクスポートするAviUtlプラグインのセット。

あじ氏作。

AviSynth Script エクスポートの入手

AviUtlプラグイン置き場(ページ下部のAviSynth Script エクスポート(avs_export_**.lzh*1))から入手することができます。

同梱されているプラグインについて

AviSynth Script エクスポート(avs_export_**.lzh*2)には、以下のプラグインが含まれています。

AviSynth Script エクスポートプラグイン(avs_export.auf)

avs_export_auf.png

「AviSynth Script エクスポートプラグイン」は、AviUtlに読み込ませたビデオファイルの名前やAviUtl上でのカット編集情報をAviSynth Script ファイル(AVSファイル)として保存する、AviUtl用のエクスポートプラグインです。AviUtl上でのカット編集情報は、AviSynthのTrimフィルタの形式に変換して出力されます。

詳しくは、AviSynth Script エクスポートプラグインの使い方を参照。

Trim エクスポートプラグイン(trim_export.auf)

trim_export_auf.png

「Trim エクスポートプラグイン」は、AviUtl上でのカット編集情報をAviSynthのTrimフィルタの形式でクリップボードにコピーする、AviUtl用のエクスポートプラグインです。

詳しくは、Trim エクスポートプラグインの使い方を参照。

フィルタ設定 エクスポートプラグイン(filtersetting_export.auf)

filtersetting_export_auf.png

「フィルタ設定 エクスポートプラグイン」は、AviUtl上で行ったフィルタプラグインの設定をShowAUFInfo.exeで出力される関数と同じ書式でクリップボードにコピーする、AviUtl用のエクスポートプラグインです。

ShowAUFInfo.exeで出力される関数は、AviSynthにおいてAviUtlフィルタプラグインを利用するために使用されます。その際、「フィルタ設定 エクスポートプラグイン」を使用すれば、AviUtlで行った設定を、そのままAviSynthでも利用できるようになります。

「フィルタ設定 エクスポートプラグイン」の使い方については、フィルタ設定 エクスポートプラグインの使い方を参照。また、AviSynthにおいてAviUtlフィルタプラグインを使う方法については、AviUtlフィルタプラグインを利用するを参照。


*1 **は数字。
*2 **は数字。

最終更新日時: 2006-02-01 (水) 00:08:30 (4981d)