スポンサード リンク

その他のプラグイン

重複フレームの選択/複製/削除

  • CopyDuplicates [1.0/2.0] [ - ]
    • 作者 / Wizard_FL
    • 説明 / Relative Differenceパラメータよりも差が小さい2フレームがあるとき、後ろのフレームを前のフレームのコピーに置き換える。
    • プラグイン / IVTC.dll
    • URL / http://wizard_fl.tripod.com/wizardslab/id4.html
  • Dup [1.0/2.0] [YUY2] / [2.5] [YUY2/YV12]
    • 作者 / Donald A. Graft, Klaus Post, Fizick
    • 説明 / 重複(duplicate)フレーム検出器の実装。ノイズの多い重複フレームを1つのコピーフレームに置き換えることによって、ノイズ除去やビットレートの節約が可能になる。
    • プラグイン / Dup.dll
    • URL1 / http://neuron2.net/dup/dupnew.html[2.5]
    • URL2 / http://neuron2.net/dup/duplegacy.html[1.0/2.0]
  • ExactDedup [2.5] [RGB/YUY2/YV12]*1
    • 作者 / Steve Melenchuk, Arick Chan
    • 説明 / 最初と(オプションで)最後のフレームを残したまま、正確な重複フレームを削除し、Matroska v2 タイムコードを生成することを目的としたフィルタ。
    • プラグイン / ExactDedup.dll, ExactDedup_64bit.dll (64 ビット版)
    • URL / http://tasvideos.org/forum/viewtopic.php?t=12065
  • GetDups [2.5] [YUY2/YV12]
    • 作者 / Alexander G. Balakhnin(Fizick), Turyst04
    • 説明 / ビデオクリップからユニークな重複(duplicate)フレームを選択するためのプラグイン。
    • プラグイン / GetDups.dll
    • URL / http://avisynth.org.ru/fizick.html

DeDup

  • 作者 / Loren Merritt
  • 説明 / Dupをベースとしたフィルタ。圧縮時の品質やスピードのために、重複(duplicate)フレームを削除する。ソースにおけるノイズや圧縮ノイズ(artifact)を低減できる場合がある。DupMC(1パス目)とDeDup(2パス目)の2つのフィルタからなる、2パスフィルタ。
  • サポート状況 / [2.5] [YUY2/YV12]
  • プラグイン / DeDup.dll
  • URL / http://akuvian.org/src/avisynth/
  • DupMC
    • 1パス目用。隣接するフレームを比較して、ログを出力する。
  • DeDup
    • 2パス目。DupMC(1パス目)によって生成されたログファイルを元に、重複フレームを削除する。フレーム単位で設定をオーバーライド(再定義)したり、残っているフレームを正しい位置に戻すためにMatroska互換のタイムコードファイルを出力することもできる。

動き補償/動きベクトル

  • GenMotion(General Motion Compensation) [2.5] [YV12]
    • 作者 / Alexander G. Balakhnin(Fizick)
    • 説明 / VirtualDub用Deshakerプラグインのログファイルを利用して動き補償を行う(画像の安定化や時間軸NRに利用)。
    • プラグイン / genmotion.dll
    • URL / http://avisynth.org.ru/fizick.html
  • MScaleVectors [2.5] [ - ]
    • 作者 / Vit
    • 説明 / MVTools の動きベクトル / ブロックサイズを変更する AviSynth プラグイン。解析した得たベクトルを異なる大きさのクリップに使用することを可能にする。
    • プラグイン / MScaleVectors.dll
    • URL / http://forum.doom9.org/showthread.php?p=1498605#post1498605 (v0.11)

DePan

  • 作者 / Alexander G. Balakhnin(Fizick)
  • 説明 / 同じ作者のGenMotionプラグインに替わる新しい動き補償プラグイン。サーバー・パートとクライアント・パートを組み合わせて使用する。
    version1.0から、FFTWライブラリ(バージョン3)を使うことができるようになった(別途、FFTW3.DLLのインストールが必要)。
  • サポート状況 / [2.5] [YV12]
  • URL / http://avisynth.org.ru/depan/depan.html
  • DePanEstimate
    • 説明 / 包括的な動きデータ(global motion data)を推定して、それを特別なサービスクリップを書き出す(サーバー・パート)。
    • プラグイン / DePanEstimate.dll
  • DePan
    • 説明 / フル、もしくは部分的な包括的動き補償(global motion compensation)を行う(クライアント・パート)。
    • プラグイン / DePan.dll
  • DePanInterleave
    • 説明 / 動き補償されたフレームとオリジナルフレームから、インターリーブされたクリップを生成。DePanとInterLeave(AviSynth内蔵フィルタ)のコンビネーション(クライアント・パート)。
    • プラグイン / DePan.dll
  • DePanStabilize
    • 説明 / 包括的な動き(global motion)の平滑化による動きの安定化(クライアント・パート)。
    • プラグイン / DePan.dll
  • DePanScene
    • 説明 / DePanEstimateで算出されたモーションデータを元に、シーンチェンジと定義されたプレーンの値が255、それ以外のフレームの値が0のクリップを生成。
      ConditionalフィルタAverageLumaで使われることを想定(クライアント・パート)。
    • プラグイン / DePan.dll

Motion

  • BlendFPS
    • ブレンド変換を使って、フレームレートを FPS パラメータに渡された値に変換する。YV12 用の ConvertFPS 代替版として作成。
  • CombineFPS
    • (MotionFPS によって生成された)フレームレートを変換された 2 つのクリップを取って、重み付けされた平均で合成する。
  • Compensate
    • 過去または未来のフレームからの素材を使って、tocompensate パラメータに渡されたクリップの各フレームのほぼ複製を構築する。
  • DrawMotion
    • FindMotion によって前もって見つけられた動きベクトルを使って、ブロックモーションを描画する。
  • FindMotion
    • この関数に含まれる他の関数で使用するためのブロックモーションを評価する。
  • MotionFPS
    • ConvertFPSChangeFPS のようにフレームレートを変換する。ただし ConvertFPS の代替として作られたのではなく、フレームレート変換のためのビルディングブロックであり、動き補償されたフレームレート変換が扱いにくい状況を見つけるのを助けるツール。

MVTools

  • MSuper (v2)
    • ソースクリップを取得して、マルチレベルの(階層的にスケールを変更された)フレームデータを伴った特別な "super" クリップを用意する。super クリップは、MVAnalyze および動き補償(クライアント)関数の両方から利用可能。
  • MVAnalyse(v1)/ MAnalyse(v2)
    • 動きベクトルの分析。他のフィルタで利用できるように人工的なクリップにコード化される。
  • MVCompensate(v1)/ MCompensate(v2)
    • 動き補償。動きベクトルによってポイントされた過去(ないし未来)フレームのブロックが、ベクトルに沿って、現在フレームへ移動させられる。
  • MVDenoise (v1)
    • 動き補償をともなったベーシックな時間軸ノイズ除去。
  • MVMask(v1)/ MMask(v2)
    • 動きベクトルの長さからモーション・マスクを生成。MaskToolsMotionMaskよりも優れたマスクを作る。
  • MVSCDetection(v1)/ MSCDetection(v2)
    • シーンチェンジの検出。
  • MVShow(v1)/ MShow(v2)
    • 動きベクトルの表示。
  • MVChangeCompensate (v1)
    • 動きベクトル・ストリーム内に格納されている(動き)補償を変更することを許可する。
  • MVIncrease (v1)
    • クリップの縮小された(reduced)バージョンに対して計算されたベクトルを、オリジナルサイズのクリップに補償するために、使用することを許可する。
  • MVDepan(v1)/ MDepan(v2)
    • 動きベクトルを取得し、グローバルモーションを評価して、Fizick氏作DePanプラグインの形式でデータを出力フレームに渡す。
  • MVFlow(v1)/ MFlow(v2)
    • ピクセル単位の動き補償。
  • MVFlowInter(v1)/ MFlowInter(v2)
    • 動き補間関数。
  • MVFlowFps(v1)/ MFlowFps(v2)
    • クリップのフレームレートとフレーム数を変更する。フレームレート変換やスローモーション効果などのために使用される。
  • MVFlowFps2 (v1)
    • 上記のMVFlowFpsのようにクリップのフレームレートとフレーム数を変更する。MVFlowFpsよりも品質が向上(処理は低速)。
  • MVBlockFps(v1)/ MBlockFps(v2)
    • ブロックベースの部分的な動き補償を使って、クリップのフレームレート(およびフレーム数)を変更する。
  • MVFlowBlur(v1)/ MFlowBlur(v2)
    • 実験的なシンプルな動きぼかし関数。フィルム効果のために使用してもよい。
  • MVDeGrain1, MVDeGrain2, MVDeGrain3(v1)/ MDeGrain1, MDeGrain2, MDeGrain3(v2)
    • 動き補償をともなった時間軸ノイズ除去。MVDeGrain1 は時間軸の範囲(radius)が 1、MVDeGrain2 は 2、MVDeGrain3 は 3。
  • MDegrainN
    • Firesledge (cretindesalpes)版 MVTools 2.5.12.0 beta で追加された。時間軸の範囲は引数によって与えられる。
  • MVRecalculate(v1)/ MRecalculate(v2)
    • MVAnalyse によって評価された動きベクトルの動きデータを、異なるクリップまたは新しいパラメータ設定を使って精緻化し、再計算する。1.10.0.0 以降で利用可能。
  • MVAnalyseMulti (Multi)
  • MVDegrain (Multi)
  • MVMultiExtract (Multi)
    • josey_wells 氏によるブランチ(1.9.6.x-1.9.7.x)で追加されたマルチスレッドに対応した関数。v1.10.2.0 現在、Fizick 版には未統合。
  • MSimpleFlowFps
    • MVTools 2.5.11.1 Extreme Edition で追加されたフレームレート変換フィルタ。

SVPflow

  • プラグイン / svpflow1.dll
    • 説明 / MVTools2 および x264 をベースにしたモーションベクトルサーチ(GPL)。SVSuper, SVAnalyse を含む。
  • プラグイン / svpflow2.dll
    • 説明 / フレームレンダリング。SVSmoothFps を含む。

字幕

  • 字幕に移動しました。

外部プログラムとの連携

  • ENPipe [2.5] [ - ]
    • 作者 / Fredrik Mellbin
    • 説明 / ビデオ/オーディオ出力を指定されたコマンドにパイプするプラグイン。
    • プラグイン / ENPipe.dll
    • URL / アーカイブを参照。
  • PowerStripRefreshRate [2.5] [ - ]
  • SClavc [2.5] [YV12]
    • 作者 / Loren Merritt
    • 説明 / mpeg4にエンコードして、2passのstatsファイルを出力するためのプラグイン。元々は、Yattaにおいて、libavcodecのシーンチェンジ・メトリクス(scene-change metrics)の利用を可能するために書かれた。SceneChange-lavc.dllは、パスの通った場所に置く必要がある。
    • プラグイン / SceneChange.dll, SceneChange-lavc.dll
    • URL / http://akuvian.org/src/avisynth/
  • SCXvid [2.5] [RGB/YUY2/YV12]
    • 作者 / Fredrik Mellbin
    • 説明 / AviSynth から Xvid の 1 パス目のログ(デフォルトの VFW プリセット相当)を出力するプラグイン。シーンチェンジ情報を取得することを主な目的とするが、エンコードで利用することも可能。
    • プラグイン / SCXvid.dll
    • URL / アーカイブを参照。

ffavisynth

  • 作者 / milan_cutka ほか。
  • 説明 / AviSynth スクリプトから ffdshow のビデオ/オーディオフィルタを利用することを可能にするフィルタ。詳しい使い方は、ffdshowのフィルタを使うを参照。
  • サポート状況 / [2.5] [ - ]
  • プラグイン / ffavisynth.dll
  • URL / ffdshow を参照。
  • ffdshow
    • ビデオフィルタ用の関数。
  • ffdshowAudio
    • オーディオフィルタ用の関数。

画像修復

マルチスレッド

MT

  • MT(MTプラグイン内蔵)
    • フレームを、個々のスレッド*13で処理される、より小さいフラグメント*14に分割し、マルチプロセッサ*15やハイパースレッディング*16を有効にしたコンピュータの100%のCPU負荷率を可能にする。
  • MTi
    • インターレース処理用。2 つのスレッドに偶数/奇数の各フィールドをそれぞれ処理させる。
  • MTsource
    • ソースフィルタをマルチスレッドで走らせて高速化する。
  • GetMTmode(マルチスレッド版 avisynth.dll 内蔵)
    • MTのモード、または使用されているスレッドの数を取得する。
  • SetMTmode(マルチスレッド版 avisynth.dll 内蔵)
    • フィルタを処理するときに、AviSynthが1つより多くのスレッドを使うことを可能にする。時間軸のマルチスレッド化を可能にするためには、AVSファイルの1行目に配置。あとで記述した場合は、その下の行のフィルタのモード(mode)を変更する。
  • Distributor
    • SetMTmode で指定された数のスレッドを生成し、空いているスレッドに順次フレームを分配(distribute)する。通常は自動で呼び出されるが、一部のアプリケーション(avs2pipe、avs2pipemod など)を使用する場合は、手動でスクリプトの最後に追加する必要がある。Distributor() と記述するだけでよい。参考: avs2pipe - Page 4 - Doom9's ForumMT modes explained - Avisynth(Internet Archive)

※詳しくは、MT および MT support page を参照。

Sora's avs multi-process/multi-thread plugin package

  • SoraThread
    • 処理を前後 2 つの独立したスレッドに分割する。
    • プラグインなど / sorathread.dll
  • SoraSMSource, SoraSMServer.exe
    • 処理を複数のプロセスに分割する方法を提供する。sorasmserver は、sorasmsource にフレームを提供する独立したプロセス。
    • プラグインなど / sorasmsource.dll, sroasmserver.exe

ThreadRequest

  • ThreadRequest
    • 「スレッドからフレームリクエストを行う」フィルタ。PipeLine とほぼ同様の使い方で使用できる。
  • Synchronize
    • 「同期を取る」フィルタ。

その他

  • AddRange [1.0/2.0/2.5] [ - ]
    • 作者 / kiraru2002
    • 説明 / vcf(VirtualDub configuration file)ファイルを利用して選択範囲の指定を行うためのプラグイン。詳しくは、AddRangeプラグインを参照。
    • プラグイン / AddRange.dll ([1.0/2.0]), AddRange_for_25.dll ([2.5])
    • URL1 / アーカイブを参照。
    • URL2 / http://yo4kazu.110mb.com/ (64 ビット版)
  • AverageM [2.5] [RGB24/RGB32/YUY2/YV12]
  • BadFrames [2.5] [ - ]
    • 作者 / Fizick
    • 説明 / 与えられた状態の悪いフレームを、近傍のフレームか近傍のフレームとブレンド(補間)したものと置き換える。
    • プラグイン / badframes.dll
    • URL / http://avisynth.org.ru/badframes/badframes.html
  • Corr2D [2.5] [RGB/YUY2/YV12]
    • 作者 / V.C.Mohan
    • 説明 / 隣接するフレーム間の相互相関を表示する。FXpanse プラグインで使用する引数の最適値が得られる。動作には、libFFTw3f-3.dll または FFTw3.dll が必要(下記 URL から入手可能)。
    • プラグイン / Corr2D.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/Corr2D/Corr2D.html
  • Corrector [2.5] [YUY2/YV12]
    • 作者 / Manao, Fizick
    • 説明 / analyseクリップに基づいて、出力クリップから、ピクセルごとに、クリップを構築する。古いバージョンのMVToolsプラグインに含まれていたフィルタをプラグイン化したもの。
    • プラグイン / corrector.dll
    • URL / http://avisynth.org.ru/mvtools/corrector.html
  • Decomet [2.5] [ - ]
  • FFPP
    • 説明 / ポストプロセッシングフィルタ。詳しくは、FFmpegSource を参照。
  • FXpanse [2.5] [RGB/YUY2/YV12]
    • 作者 / V.C.Mohan
    • 説明 / 水平または垂直にパンするシーンを含むビデオから、水平および垂直方向に残っているものすべてを含む単一のシーンを生成する。動作には、libFFTw3f-3.dll または FFTw3.dll が必要(下記 URL から入手可能)。このプラグインで使用する引数の最適値を得るために Corr2D というプラグインが用意されている。同様のプラグインに UnFurl がある。
    • プラグイン / FXpanse.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/FXpanse/FXpanse.html
  • Grid [2.5] [RGB24/RGB32/YUY2/YV12]
    • 作者 / V.C.Mohan
    • 説明 / 長方形のグリッド(格子)をビデオの上に重ねる。
    • プラグイン / Grid.dll
    • URL / http://www.avisynth.nl/vcmohan/
  • immamogimmaavs[2.5] [RGB32]
    • 作者 / E-Male
    • 説明 / ImageMagick ベースの画像処理フィルタ。詳しくは、immamog および immaavs を参照。
    • プラグイン / immaavs.dll
    • URL / immaavs を参照。
  • ImmaWrite(immaavs[2.5] [ - ]
    • 作者 / Wilbert
    • 説明 / ImageMagick ベースの画像出力フィルタ。Wilbert 版 immaavs v1.3 から追加。詳しくは ImmaWrite および immaavs を参照。
    • プラグイン / immaavs.dll
    • URL / immaavs を参照。
  • InputVisualizer [2.5] [RGB32]
    • 作者 / Koji Agawa
    • 説明 / 「DirextX/OpenGLアプリケーション専用のムービーキャプチャーツール」 Dxtory で録画した動画にゲームパッドの操作を表示するプラグイン。入力情報を記録するためのツール InputLogger とのセット。.NET プラグイン*19。参考: Dxtory.com | ホーム
    • プラグイン / InputVisualizer.dll
    • URL / http://d.hatena.ne.jp/atty/20090212
  • Lom [2.5] [ - ]
    • 作者 / Mystery Keeper(Aleksey Lyashin Jr.)
    • 説明 / 指定されたリストに基づいて、2 つのクリップからフレームを選択し、新たなクリップを生成するプラグイン。関連ページ: niiyan/2008-03-30
    • プラグイン / Lom.dll
    • URL / http://forum.doom9.org/showthread.php?t=136415
  • Peep [2.5] [RGB24/RGB32/YUY2/YV12]
    • 作者 / V.C.Mohan(vcmohan)
    • 説明 / 楕円形のウィンドウの中に別のクリップからの画像を挿入するプラグイン。
    • プラグイン / Peep.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/
  • Perspective [2.5] [RGB]
    • 作者 / V.C.Mohan(vcmohan)
    • 説明 / 透視図から画像の正面図を再生成するプラグイン。正面図から透視図を生成することも可能。
    • プラグイン / Perspective.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/
  • Prune [2.5] [Planar/YUY2/RGB24/RGB32]
  • RePan [2.5] [YUY2/YV12]
    • 作者 / Loren Merritt
    • 説明 / 動き補償されたFreezeFrameのように動作する。現在のところ(repan-0.10.zip )、このフィルタが解決する種類の動きは、パン(Pan)のみ。
    • プラグイン / RePan.dll
    • URL / http://akuvian.org/src/avisynth/
  • Sampler [1.0/2.0/2.5] [ - ]
    • 作者 / SansGrip
    • 説明 / 指定した時間ごとにサンプルを抜き出す。
    • プラグイン / Sampler.dll([1.0/2.0]), Sampler-2.5.dll([2.5])
    • URL / http://www.kvcd.net/sansgrip/avisynth/
  • Scanlines [2.5] [ - ]
    • 作者 / Turulo Manco
    • 説明 / 実際よりも高い解像度であるような印象を与え、ビデオクリップの見た目をよくする。
    • プラグイン / Scanlines.dll
    • URL / http://www.avisynth.nl/warpenterprises/
  • Shuffle [2.5] [ - ]
    • 作者 / James D. Lin (stickboy)
    • 説明 / クリップ内のフレームをシャッフルする。
    • プラグイン / Shuffle.dll
    • URL / http://www.avisynth.nl/stickboy/
  • Unfurl [2.5] [RGB/YUY2/YV12]
    • 作者 / V.C.Mohan
    • 説明 / フレームをオーバーラップさせることなくパノラマ画像に合成するプラグイン。動作には、libFFTw3f-3.dll または FFTw3.dll が必要(下記 URL から入手可能)。同様のプラグインに FXpanse がある。
    • プラグイン / Unfurl.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/Unfurl/Unfurl.html
  • Watershed [2.5] [ - ]
    • 作者 / V.C.Mohan
    • 説明 / 画像の値を高さとして扱い、分水嶺(watershed*20)線と個々の流域(basin)を描画することによって、画像をセグメント化する。
    • プラグイン / Watershed.dll
    • URL / http://avisynth.nl/vcmohan/
  • WAverage [2.5] [YUY2/YV12]
    • 作者 / AVIL
    • 説明 / あるクリップを重み付きのマスクとして使用して、いくつかのクリップを平均化するプラグイン。
    • プラグイン / WAverage.dll
    • URL / http://forum.doom9.org/showthread.php?t=144940

ApplyEvery

  • 作者 / stickboy
  • 説明 / 一定の間隔でクリップを操作するフィルタ群。
  • サポート状況 / [2.5] [ - ]
  • プラグイン / ApplyEvery.dll
  • URL / http://www.avisynth.nl/stickboy/
  • ApplyEvery
    • 一定の間隔でクリップにフィルタをかける。
  • DeleteEvery
    • 一定の間隔でフレームを削除し、フレームレートを落とす。
  • DeleteFrames
    • AviSynth組み込み関数DeleteFrameの機能補足的なフィルタ。
  • InterleaveEvery
    • 特定のパターンであるクリップを別のクリップに挿入する。
  • LengthenClip
    • 最低限のフレーム数になるようにフレームを水増しする。
  • RepeatEveryFrame
    • すべてのフレームを指定された回数だけ繰り返す。
  • WhileEval
    • ループ。

AvisynthGimpLayer

  • Normal
    • 標準
  • Multiply
    • 乗算
  • Divide
    • 除算
  • Screen
    • スクリーン
  • GimpOverlay
    • オーバーレイ
  • Burn
    • 焼き込み
  • Dodge
    • 覆い焼き
  • Hardlight
    • ハードライト
  • Softlight
    • ソフトライト
  • GrainExtract
    • 微粒取り出し
  • GrainMerge
    • 微粒結合
  • Difference
    • 差の絶対値
  • Addition
    • 加算
  • Subtract
    • 減算
  • DarkenOnly
    • 比較(暗)
  • LightenOnly
    • 比較(明)
  • Hue
    • 色相
  • Saturation
    • 彩度
  • Colour
  • Value
    • 明度

FilterRangeEx

  • 作者 / kiraru2002
  • 説明 / ApplyRangeフィルタとFilterRange関数の機能拡張版。「<あなたも、プラグイン作ってみません?>コーナー」の中で紹介されていたもの。
  • サポート状況 / [2.5] [YUY2]
  • プラグイン / FilterRangeEx(Eval).dll, FilterRangeEx(ScriptClip).dll
  • URL / アーカイブを参照。
  • ApplyRangeEx
    • AviSynthに内蔵されているApplyRangeフィルタの機能拡張版。複数の範囲に適用可能。
  • FilterRangeEx
    • nullinfo
    • minamina氏が作成したFilterRange関数の機能拡張版。複数の範囲に適用可能。

Fusion

  • fuse
    • 画像ピラミッドを使ってクリップをブレンドする。
  • undersharpen
    • 画像の 1 レベルのみをシャープ化するか、ぼかす。
  • fusemask (2010-03-21 版〜)
    • fuse に渡すバイナリマスクを生成する。同じシーンだが異なる露出(露光) 2 つの画像をマージするのに使用できる。

NeuralNet

  • 作者 / V.C.Mohan
  • 説明 / 3レイヤー分類型のArtificial Neural Network*21の実装。入力としてグレースケール画像を使用する。2005年10月24日版からNeuralNetBPとNeuralNetRPの2つの関数を含む。
  • サポート状況 / [2.5] [RGB24/RGB32/YUY2/YV12]
  • プラグイン / NeuralNet.dll
  • URL / http://www.avisynth.nl/vcmohan/
  • NeuralNetLN*22
    • 単一のレイヤーとRPROPメソッドによって最適化された重み(weights)をともなうリニアネットワーク(Linear Network)。

RedAverage

  • RAverageM
    • 複数クリップのマスクされた平均の値を算出する。
  • RAverageW
    • 複数クリップの重み付きの平均の値を算出する。
  • RMerge
    • マスクにもとづいて 2 本のクリップを融合させる。

Reform

  • 作者 / V.C.Mohan
  • 説明 / 画像の形を矯正する(reform)ためのフィルタ集。補間アルゴリズムを双三次補間(bicubic)、双線形補間(bilinear)、最近傍点補間(nearest point)のいずれかから選択可能。
  • サポート状況 / [2.5] [RGB32/RGB24/YUY2/YV12]
  • プラグイン / Reform.dll
  • URL / http://www.avisynth.nl/vcmohan/
  • Deskew
    • resize引数で指定した補間アルゴリズムを使って、画像の四辺形のエリアを長方形に歪める(skew)。
  • Skew
    • resize引数で指定した補間アルゴリズムを使って、画像の長方形のエリアを四辺形に歪める(skew)。

RemapFrames

  • 作者 / James D. Lin(stickboy)
  • 説明 / 入力テキストファイルか入力文字列によって指定されたクリップの、フレーム・インデックスを再マッピングするAviSynthプラグイン。
  • サポート状況 / [2.5] [ - ]
  • プラグイン / RemapFrames.dll
  • URL / http://www.avisynth.nl/stickboy/
  • RemapFrames
    • baseClipの指定されたフレーム(または範囲)を、baseClip(またはsourceClip)の別のフレーム(または範囲)に置き換える。
  • RemapFramesSimple
    • 上記、RemapFramesの簡易版。
  • ReplaceFramesSimple
    • 指定されたbaseClipのフレーム(または範囲)を、sourceClipのそれに置き換える。

ReplaceFrame

  • 作者 / Rodrigo Braz Monteiro(ArchMage ZeratuL)
  • 説明 / 動作には、zlib、libpng、MSVC7.1ランタイム(msvcp71.dll/msvcr71.dll)が必要(下記URLからダウンロード可能)。
  • サポート状況 / [2.5] [RGB24/RGB32/YUY2/YV12]
  • プラグイン / replaceframe.dll
  • URL / http://zeratul.cellosoft.com/replaceframe/
  • ReplaceFrame
    • 破損したフレームを置換(replace)するために、画像をビデオにインポートする作業を助けるフィルタ。
  • ReplaceFrameSetup
    • このプラグインのセットアップ用の関数。

*1 RGB でのみテストされている(readme.txt より)。
*2 下線以降はリリースされた日付によって異なります。
*3 v2.2.2 から mvtools2.dll に変更されました。
*4 AviSynth用プラグインではなく、fftw3.dll などのライブラリのこと。
*5 モニタやグラフィックカードのカスタマイズを行うためのソフトウェア。シェアウェア。ホームページ: EnTech Taiwan | Utilities | PowerStrip
*6 垂直同期周波数とも。参考: リフレッシュレート - Wikipedia
*7 今後のバージョンアップで、プラグイン名が変更される可能性があります。
*8 修正版avisynthの機能は、AviSynth 2.6で取り込まれる予定。
*9 seraphy 氏はリンク先の投稿で、これは「2.5.7と2.5.7MTのdiffをとって勝手に2.5.8に当て」たものであると説明されています。また「ちゃんとできているかどうか保障はしません。すべて自己責任で対処できる方のみご利用ください」とのことです。ソースは、seraphyのとりあえず設置掲示板 [One Message View / Re[3]: DustMT Avisynth2.5.8] から入手可能です。AviSynth 2.5.7 MT の改造版については、niiyan/2007-08-26 を参照してください。
*10 上の seraphy 氏による非公式版を元に、さらに改造したもの。
*11 URL3 のバージョンアップ版。
*12 上の SEt 氏によるビルドを元に 64 ビット化したもの。
*13 参考: IT用語辞典 e-Words : スレッドとは 【thread】 ─ 意味・解説
*14 参考: ASCII24 - アスキー デジタル用語辞典 - フラグメント
*15 参考: IT用語辞典 e-Words : マルチプロセッサとは 【multi-processor】 ─ 意味・解説
*16 参考: IT用語辞典 e-Words : ハイパースレッディングとは 【Hyper-Threading】 ─ 意味・解説
*17 LoadCPlugin を参照。
*18 GNU コンパイラ コレクション。参考: GNUコンパイラコレクション
*19 参考: AvsFilterNet
*20 参考: お茶の水女子大学人間・環境科学科人間工学研究室 - 腹膜透析における腹膜中皮細胞の修復メカニズムに関する研究opencv.jp - OpenCV: 画像分割,領域結合,輪郭検出(Image Segmentation, Connected Components and Contour Retrieval)サンプルコード -
*21 参考: Artificial Neural Networks Lab on the Web (Japanese), 主観的輪郭を含めた3次元物体認識システム, ニューラルワールド, ZARU NUERO
*22 neuralnet_25_dll_20051114から追加。

最終更新日時: 2014-09-02 (火) 00:41:36

スポンサード リンク